スポンサードリンク

水道水の味記事一覧

日本の水道水は、世界から見ると非常に安全性が高く、安心して飲める水だと評価されています。これは、厳しい水質基準を設け、人体に影響がないように配慮されているからです。しかし、味はそれほど美味しいといえない地域もあり、飲み水として使用していない人も大勢います。水道水の水は、その地域によって、味が違います...

水道水には、様々な成分が含まれており、しかも地域によって含まれている量は異なります。水道水に含まれている成分は主にナトリウム、カルシウム、マグネシウムといったものです。例えば、ナトリウムの量が多いところもあれば、少ないところもありますし、カルシウムの量が多いところもあれば、少ないところもあります。地...

水道水の中にも、おいしい水道水と不味い水道水がありますが、どうして味に違いがでるのでしょうか?おいしい水道水と不味い水道水の違いは、水質が大きく関係しています。水道水の味は、硬度、残留塩素、水温といった水質で決まるといいかもしれません。ミネラルウォーターを購入されている方であれば、知っていると思いま...

美味しい水の条件で最も大きな割合を占めるのは、残留塩素の濃度です。残留塩素というのは、私たちが安全に水道水を飲めるように浄水場で入れる消毒塩素のことです。その時に入れる塩素の量が多ければ多いほど不味く感じますし、少なければ少ないほどおいしく感じます。では、おいしい水にするためにできる限り、塩素の量を...

水道水が不味い理由は、残留塩素の濃度が大きく関係しており、濃度が大きければ大きいほど不味く感じてしまいます。私たちからするとおいしい水を飲みたいので、できる限り残留塩素が低い方が良いのですが、そういった訳にはいきません。そもそも塩素は水1Lに対して、0.1mg以上入れないといけないという法律があるた...

水道水にはカルキと呼ばれている塩素が含まれており、これが人体に害を与えるといわれています。そのため、健康のことを考えるのであれば、水道水に含まれているカルキを抜いた方が良いでしょう。そこで、自宅でできる簡単なカルキ抜き方法を5つご紹介いたしますので、お試しください。その1 沸騰させるまず、一つ目の方...

水道水の味は地域によって大きく変わることを、知っていましたか?なぜ、地域によって水道水の味が変わるのかというと、水道水に含まれている成分や水温が異なるからです。水道水の味は、主に残留塩素の濃度、ミネラル分、水温、臭いで決まります。おいしい水道水の条件は、残留塩素の濃度が低い、ミネラル分が適量、水温が...

水道水を安全に使用するためにも、異臭味の原因を知っておいた方が良いでしょう。まず、異臭味というのは水についている異常な味や臭いのことをいいます。地域によって、この異臭味の度合いは異なり、都会は基本的に異臭味が強めだと思ってください。異臭味を感じる主な原因は、カルキ臭とカビや藻の臭いだといわれています...

水道水は異臭味がするので、なかなかそのまま飲み水に使用するのは難しいですよね?特に都会にいけばいくほど異臭味が強くなってしまうので、多くの方が水道水よりもミネラルウォーターを使用しています。しかし、ミネラルウォーターを常に使用すると非常にコストが大きくなり、経済的負担が大きいです。そのため、水道水の...

一昔であれば、当たり前のようにみなさん水道水をそのまま飲んでいましたが、今は飲む人が少なくなっています。その頃というのは、塩素をそれほど使用しなくても、安全性を保つことができていましたが、経済が発展するごとにどんどん水が汚染されていきました。そして、現在のように塩素を使用しないと飲めないほど水が汚染...