おいしい水道水の条件は?

美味しい水の条件で最も大きな割合を占めるのは、残留塩素の濃度です。

 

残留塩素というのは、私たちが安全に水道水を飲めるように浄水場で入れる消毒塩素のことです。

 

その時に入れる塩素の量が多ければ多いほど不味く感じますし、少なければ少ないほどおいしく感じます

 

 

スポンサードリンク

 

 

では、おいしい水にするためにできる限り、塩素の量を減らせば良いと思いますよね?
しかし、そう簡単に塩素の量を減らすことができないのが現状です。

 

まず、浄水場で入れる塩素の量は、水1Lに対して、塩素0.1mg以上と法律で決まっており、これを下回ってはいけません。

 

そのため、どの地域の水道水にも必ず塩素が含まれていると思ってください。

 

そして、地域によっては、塩素を多く入れないと安全性が保つことができないところもあります。

 

そういったところで、仮に塩素の量をギリギリまで減らしてしまうと、人体に何かしらの悪影響を与える可能性があります。

 

場合によっては、細菌が繁殖してしまい、お腹を壊したり、インフルエンザなどの病気にかかることもあるでしょう。

 

ただ、塩素をそれほど多く入れなくても問題が無い地域もあり、そういったところの水道水はどなたが飲んでもおいしく感じます。

 

 

また、ミネラル分が多すぎず、適度な量の水道水もおいしく感じます

 

ミネラル分が多いとクセが強く、人によって好き嫌いがハッキリしてしまいますし、合わない人はお腹を壊す場合もあります。

 

このようにミネラル分が多い水を硬水といい、ミネラル分が少ない水を軟水といいます。

 

一般的に飲みやすくおいしいと感じるのは、後者の軟水だといわれています。


スポンサードリンク

おいしい水道水の条件関連ページ

田舎の水が美味しくて都会の水がまずいのはなぜ?
田舎の水が美味しくて都会の水がまずいのはなぜ?
水道水に含まれる成分はなに?
水道水に含まれる成分はなに?
おいしい水道水と不味い水道水の違いは?
おいしい水道水と不味い水道水の違いは?
水道水が不味い理由は
水道水が不味い理由は?
水道水のカルキ(塩素)抜きの方法5つ
水道水のカルキ(塩素)抜きの方法を教えます!
水道水は地域によって味が変わるの?
水道水は地域によって味が変わるの?
水道水の異臭味について
水道水ってなんかイヤな匂いがすることありますよね?あの異臭味は何が原因なのか?
水道水の異臭を取り除く方法
水道水ってカルキ臭がしたりかび臭かったり変な匂いがすることありますよね?そんな異臭の抜き方を解説します!
みんな水道水って飲んでるの?
みなさん水道水飲んでますか?東京や大阪などの都会の人は水道水がまずいから餐まない人が多いのでは?水道水って飲んでも平気なのか?という疑問に答えます!