おいしい水道水と不味い水道水の違いは?

水道水の中にも、おいしい水道水と不味い水道水がありますが、どうして味に違いがでるのでしょうか?
おいしい水道水と不味い水道水の違いは、水質が大きく関係しています。

 

 

水道水の味は、硬度、残留塩素、水温といった水質で決まるといいかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

ミネラルウォーターを購入されている方であれば、知っていると思いますが、水には硬度が高く味にクセがある硬水と硬度が低く飲みやすい軟水の2つがあります。

 

硬度が高い硬水を好まれる方もいますが、一般的に硬度が低く飲みやすい軟水を好む方の方が多いです。

 

そして、硬度が高いかどうかはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分の量が影響しており、含有量が多いほど硬度が高くなります。

 

また、ミネラル分が少なすぎても、不味くなる感じてしまうので、おいしいと感じる水道水にはミネラル分が適度に含まれています。

 

 

残留塩素というのは、殺菌消毒する時に使用した時に残留する塩素のことで、水1Lに対して、塩素0.1mg以上入れないといけません。

 

これは、法律で定められており、どの地域でもこのことは守られています。

 

しかし、地域によって、含まれている残留塩素の量が違い、基準値ギリギリのところもあれば、量が多いところもあります。

 

塩素の濃度が高いとカルキ臭が強くなってしまい、不味く感じてしまいます。

 

つまり、残留塩素が少ないところの水道水がおいしくて、多いところの水道水が不味いということです。

 

 

また、水温が低ければ生理的においしいと感じるので、水温が高い水道水よりも低い水道水の方がおいしい水道水といえます。


スポンサードリンク

おいしい水道水と不味い水道水の違いは?関連ページ

田舎の水が美味しくて都会の水がまずいのはなぜ?
田舎の水が美味しくて都会の水がまずいのはなぜ?
水道水に含まれる成分はなに?
水道水に含まれる成分はなに?
おいしい水道水の条件
おいしい水道水の条件は?
水道水が不味い理由は
水道水が不味い理由は?
水道水のカルキ(塩素)抜きの方法5つ
水道水のカルキ(塩素)抜きの方法を教えます!
水道水は地域によって味が変わるの?
水道水は地域によって味が変わるの?
水道水の異臭味について
水道水ってなんかイヤな匂いがすることありますよね?あの異臭味は何が原因なのか?
水道水の異臭を取り除く方法
水道水ってカルキ臭がしたりかび臭かったり変な匂いがすることありますよね?そんな異臭の抜き方を解説します!
みんな水道水って飲んでるの?
みなさん水道水飲んでますか?東京や大阪などの都会の人は水道水がまずいから餐まない人が多いのでは?水道水って飲んでも平気なのか?という疑問に答えます!