水道水にアスベストが含まれているの?

みなさんは、アスベストという物質をご存知でしょうか?
アスベストとは、石綿とも呼ばれる鉱物繊維のことで、人体に悪影響を与える物質です。

 

そんなアスベストが、水道水に含まれていることがあるのですが、ご存知の方は少ないかもしれません。

 

 

では、アスベストがどうして水道水に含まれているのでしょうか?

 

それは、アスベストセメント管というアスベストを使用した水道管が、塩素消毒した水に溶けてしまうからです。

 

つまり、浄水場でアスベストが混入する訳では無く、水道管を通過することによって、アスベストが混入するのだと思ってください。

 

そのため、浄水場でアスベストを取り除くことができないので、各個人で対応しないといけないというのが現状です。

 

 

しかし、日本全国がこのアスベストセメント管を使用している訳では無く、限られた地域です。

 

1932年からアスベストセメント管が採用されましたが、アスベストの混入量が多いということで、1988年に使用が禁止され、撤去作業が開始しました。

 

ただ、未だに全ての地域の撤去作業は終了しておらず、国内の約2割の水道管はアスベストセメント管を使用しているといわれています。

 

特に大都市になると撤去作業を進めるのが困難なため、いつ全てのアスベストセメント管が撤去されるのかは未だに分かっておりません。

 

 

アスベストは発がん性物質なので、できる限り除去した状態で水道水を使用したいですが、沸騰したとしても蒸発することが無いので、除去方法が難しい物質でもあります。

 

スポンサードリンク

水道水にアスベストが含まれているって本当?関連ページ

水道水は本当に安全?飲料水としての危険性
水道水は本当に安全?飲料水としての危険性を考えてみた
残留塩素の体へ影響
水道水の残留塩素は体へどんな影響をあたえるのでしょうか?癌やアトピー、乾燥肌など
安全な水ってどんな水?
安心して飲める水ってどんな基準があるんでしょうか?
水道水に大腸菌は含まれている?
水道水に大腸菌はまったく含まれてないの?
水道水のダイオキシンは大丈夫?
水道水のダイオキシンは大丈夫?
水道水のダイオキシンへの影響は?
水道水のダイオキシンへの影響は?