水道水に大腸菌はまったく含まれてないの?

水道水に大腸菌が含まれているのか気になる人もいると思いますが、実際のところどうなのでしょうか?

 

結論からいうと、水道水に大腸菌が含まれていないと思って良いでしょう。

 

もし、含まれているということになれば、人や動物などの糞便が含まれていることになります。

 

そういったことがあってはならないので、しっかりと検査されており、水道水から大腸菌が発見されることはないです。

 

 

ただし、ここで注意しないといけないのは、大腸菌は含まれていませんが、細菌は含まれている可能性があります。

 

細菌には一定の基準が設けられており、その基準を満たしたものを私たちは使用しています。

 

そのため、細菌は微量ながら普段の生活で吸収している可能性があると思ってください。

 

 

微量の細菌なので、そのまま使用しても全く問題はありませんが、もし心配な方は一度沸騰させてから使用された方が良いでしょう。

 

 

このように水道水から大腸菌が検出されることは無いため、大腸菌の心配をされる必要はありません。

 

しかし、水道水には塩素やトリハロメタンといった発がん性物質が含まれているので、必ずしも安全だといえません。

 

本当に安全な水を使用したいのであれば、沸騰させた水を使用するとか、浄水器やウォーターサーバーの設置などを検討された方が良いでしょう。

 

 

水道水は基本的に安全なものなのですが、少なからず人体に悪影響を及ぼす物質も含まれているのだと頭に入れておいた方が良いかもしれません。

 

スポンサードリンク

水道水に大腸菌は含まれている?関連ページ

水道水は本当に安全?飲料水としての危険性
水道水は本当に安全?飲料水としての危険性を考えてみた
残留塩素の体へ影響
水道水の残留塩素は体へどんな影響をあたえるのでしょうか?癌やアトピー、乾燥肌など
水道水にアスベストが含まれているって本当?
水道水にアスベストが含まれているの?
安全な水ってどんな水?
安心して飲める水ってどんな基準があるんでしょうか?
水道水のダイオキシンは大丈夫?
水道水のダイオキシンは大丈夫?
水道水のダイオキシンへの影響は?
水道水のダイオキシンへの影響は?