水道水は本当に安全?飲料水としての危険性を考えてみた

私たちが毎日使用している水道水は本当に安全なのでしょうか?
恐らく、このような不安を感じながら使用している人もいるのではないでしょうか?

 

特に近年、放射能問題もあり、水からの健康被害を懸念している人もいると思います。

 

結論からいうと、水道水は厳しい基準を設けて、浄水処理を行なっているため、日本の水道水は安全性が高いといわれています。

 

ただし、水道水には殺菌処理をするために塩素が含まれているので、健康に良くはありません。
残留塩素の体へ影響

 

塩素は、がんを引き起こす可能性があるものなので、できる限り避けたい成分ですが、水道水をそのまま料理や飲み水として使用している限り、避けることができません。

 

そして、現在は禁止されていますが、未だに鉛製の水道管を使用している地域があり、その鉛が水道水に混入しているケースがあります。

 

鉛が体内に蓄積されてしまうと、腎臓障害や不眠障害、脳障害などを引き起こしてしまう可能性があり、大変危険です。

 

 

最近、このように水道水にどのような危険があるのかを理解している人が増えているため、水道水を料理や飲み水としてではなく、お風呂や洗濯水として使用される方が増えています

 

 

水道水に含まれている成分が体に害を与えるということが広く認識されたことによって、スーパーなどで売っているミネラルウォーターを料理や飲み水に使用する人が多いです。

 

また、わざわざミネラルウォーターを買いに行くのが面倒だという方は、家庭用浄水器やウォーターサーバーを自宅に設置している人もどんどん増えています。

 


スポンサードリンク

水道水は本当に安全?飲料水としての危険性関連ページ

残留塩素の体へ影響
水道水の残留塩素は体へどんな影響をあたえるのでしょうか?癌やアトピー、乾燥肌など
水道水にアスベストが含まれているって本当?
水道水にアスベストが含まれているの?
安全な水ってどんな水?
安心して飲める水ってどんな基準があるんでしょうか?
水道水に大腸菌は含まれている?
水道水に大腸菌はまったく含まれてないの?
水道水のダイオキシンは大丈夫?
水道水のダイオキシンは大丈夫?
水道水のダイオキシンへの影響は?
水道水のダイオキシンへの影響は?