残留塩素とは?

残留塩素とは?残留塩素あみなさんの中にも、知っている人はいると思いますが、水道水にはたくさんの塩素が含まれています。

 

含まれている塩素量は、地域によって異なり、少ないところもあれば、多いところもあります。

 

 

なぜ、塩素が水道水の中に含まれているのかというと、浄水処理を行なう時に塩素によって殺菌するからです。

 

その時に使用された塩素がそのまま水道水の水に残っているという訳です。

 

そして、このように水道水に残っている塩素のことを残留塩素といい、これが非常に問題となっています。

 

残留塩素の体への影響

塩素を使用して殺菌した水道水は、日常生活で問題無く使用することはできますが、体に良くはありません。

 

塩素は、発がん性を高める働きがあり、がんリスクのアップに繋がってしまいますし、肌の細胞も破壊してしまいます。

 

肌の細胞が破壊されることによって、肌がカサカサになってしまったり、アトピー性皮膚炎を引き起こす危険もあります。

 

 

そして、塩素はビタミンを破壊する作用も持っているため、水道水で野菜や米などを洗ってしまうとせっかくのビタミンが損失してしまいます。

 

ビタミンは健康的な体を作るために必要不可欠な栄養素なので、これは普段の食生活においてダメージが大きいです。

 

 

また、水道水はカルキ臭という独特の臭いがしますが、これも塩素によるものです。

 

この臭いが原因で、水道水を使用することができないという人も多いです。

 

 

このような危険性を持つ残留塩素を少しでも除去するためには、家庭用浄水器をつけるしかありません。

 

ただ、一番安全なのは飲み水や料理などに水道水を使わないことです。
飲水には浄水器もいいですが、ウォーターサーバーなどが初期費用も抑えられるし便利です。

スポンサードリンク

残留塩素の体へ影響関連ページ

水道水は本当に安全?飲料水としての危険性
水道水は本当に安全?飲料水としての危険性を考えてみた
水道水にアスベストが含まれているって本当?
水道水にアスベストが含まれているの?
安全な水ってどんな水?
安心して飲める水ってどんな基準があるんでしょうか?
水道水に大腸菌は含まれている?
水道水に大腸菌はまったく含まれてないの?
水道水のダイオキシンは大丈夫?
水道水のダイオキシンは大丈夫?
水道水のダイオキシンへの影響は?
水道水のダイオキシンへの影響は?