水道水にアスベストが混入している理由は?

水道水にアスベストが混入しているといわれていますが、どうしてアスベストが混入されているのでしょうか?

 

発がん性物質のアスベストが混入しているのが分かっているのであれば、浄水場で除去すればいいだけの話だと思いますよね?

 

確かに浄水場の時点でアスベストが混入しているのであれば、その時に除去することは可能でしょう。

 

しかし、浄水場の時点では含まれておらず、その後に何かしらの原因で入ってしまうとしたら、除去できないですよね?
そんなことがあるの?と不思議に思うかもしれませんが、これが水道水にアスベストが混入している原因なのです。

 

 

水道水にアスベストが混入している原因は、アスベストを使用して作られた水道管です。

 

そのアスベスト管を塩素を含んだ水道水が通過することによって、塩素の働きでアスベスト管のアスベストが溶けてしまい、水道水に混入してしまうのです。

 

これが、水道水にアスベストが混入している理由です。

 

 

アスベスト管は強度が高いということで、1932年から採用され始めたのですが、水道水からアスベストが検出されたため、1988年に中止されました。

 

そして、現在もアスベスト管の撤去工事が続いており、未だに全てのアスベスト管を撤去するに至っておりません。

 

また、大都心になると撤去工事も難しくなってしまうため、全てのアスベスト管を撤去するのは不可能だといわれています。

 

 

そのため、地域によってアスベストが含まれている水道水と含まれていない水道水があるのだと思ってください。

 

スポンサードリンク

水道水にアスベストが混入している理由関連ページ

水道管ってアスベストを使ってるの?
水道管ってアスベストを使ってるの?
水道水とアスベストの健康被害は?
水道水とアスベストの健康被害は?
アスベスト混入の水道水で加湿器を使っても平気なの?
アスベスト混入の水道水で加湿器を使っても平気なの?
水道水のアスベスト被害
水道水のアスベスト被害について
アスベスト管を通過した水道水の健康影響は?
アスベスト管を通過した水道水の健康影響は?
アスベストに汚染されている水道水とは?
アスベストに汚染されている水道水とは?
水道水アスベストの調査
水道水アスベストの調査について