水道管ってアスベストを使ってるの?

現在、水道管にアスベストという鉱物繊維を使用していることが問題となっています。

 

アスベストが体内に蓄積されてしまうと、がんを発症リスクを高めてしまうため、決して他人事ではありません。

 

そんな発がん性物質のアスベストをどうして水道管に使用したのでしょうか?

 

アスベストを使用した水道管のことをアスベストセメント管といいますが、このアスベストセメント管の採用を日本で始めたのが1932年からです。

 

アスベストセメント管を採用した理由は、アスベストを使用することによって、水道管の強度を高め、劣化しにくくできるからです。

 

そのため、アスベストを使用したアスベストセメント管が日本各地で次々に作られました。

 

 

しかし、その後、アスベストセメント管から大量のアスベストが水道水に混入してしまうことが分かり、1988年に使用が禁止されました。

 

それから、撤去作業が開始されましたが、未だに全てのアスベストセメント管が撤去できておらず、日本の水道管の2割は未だにアスベストセメント管を使用しているといわれています。

 

特に住宅密集地になると撤去作業が難しいため、なかなか作業が進まないというのが現状です。

 

 

では、どうして浄水場でこのアスベストを除去しないのでしょうか?

 

それは、アスベストセメント管を通過する時にアスベストが水道水に混入してしまうからです。

 

浄水場の時点ではアスベストは混入されていませんが、塩素消毒された水が水道管を通過することによって、塩素の力で水道管のアスベストを溶かしてしまいます。

 

こういった理由で、水道水にアスベストが混入してしまうため、浄水場では除去できないのです。

 

 

 


スポンサードリンク

水道管ってアスベストを使ってるの?関連ページ

水道水とアスベストの健康被害は?
水道水とアスベストの健康被害は?
アスベスト混入の水道水で加湿器を使っても平気なの?
アスベスト混入の水道水で加湿器を使っても平気なの?
水道水のアスベスト被害
水道水のアスベスト被害について
アスベスト管を通過した水道水の健康影響は?
アスベスト管を通過した水道水の健康影響は?
水道水にアスベストが混入している理由
水道水にアスベストが混入している理由は?
アスベストに汚染されている水道水とは?
アスベストに汚染されている水道水とは?
水道水アスベストの調査
水道水アスベストの調査について