ウォーターサーバーの賢い選び方

ウォーターサーバーって本当にたくさんの種類があってどこがいいのかよくわかりませんよね。

 

でも、単純に値段が安いからという理由で選ぶと失敗してしまいます

 

人それぞれ用途などが違うと思うので、失敗しないようにウォーターサーバの選び方をまとめましたので参考にしてくださいね。

 

ウォーターサーバーを取り扱う会社は非常に多くありますので、初めて利用する際にはどこに頼んでよいものか悩ましいのですが、どのような選び方をすればよいのでしょうか。

 

費用

まずウォーターサーバーの比較で真っ先に注目を集めるのは、どれくらいの費用がかかるのかという点です。

 

これまでの水道水と比較して料金は跳ね上がることになりますので、それを少しでも抑えたいというのは誰が思うことになるのですが、単にボトル単価を見るだけでは十分ではないといえます。

 

というのも各社で料金体系はまったく異なり、ウォーターサーバー本体を無料か有料レンタルしているか、会費などがかかるか、サーバー本体のメンテナンス費用、などといった点も後に費用の負担が生じる場合もありますので、細かい点まで含めた比較というのが選び方として重要となります。

 

注文数

また日々使用する中ではガロンボトルを消費するのですが、初回利用ではご自身の家庭でどれくらいの量を消費するかは分からなく、自由に注文数をコントロールできるのか、もしくは決まった数が自動で送られるのかという点もよく考えて選択しなければなりません。

 

契約内容

さらに契約内容についてですが、後に一定期間内に解約を申し出る際には解約手数料やサーバー引き取り料などとして費用が発生する場合もあります。

 

こうした解約費用はおよそ2,3万円ほどかかる場合も多くありますので、負担としてはけして少ないものではなく、こうした条件が契約に含まれているか否かという点も選び方に大きく影響してくる要素であるといえます。

 

水の種類

水の種類ですが、「RO水」と「天然水」があります。
天然水はちょっと値段が高いですが、地下数百メートルから汲みとった水なので美味しいのはもちろんですが、放射性物質などの危険性がありません

 

一方RO水ですが水道水を逆浸透膜を使ってろ過した水のことです。
水道水って聞くとウォーターサーバーにする意味が無いじゃん!ッて思うかもしれませんが、逆浸透膜というのがなかなかの強者なんです。

 

水外の不純物を通さないのでかなり安全性の高い水になるんです。
ミネラルなどの栄養素も取り除かれるので、後から足している水もあります。

 

ボトルの種類

 

ボトルの種類は大きく分けて、ガロンボトルとPET製があります。
ガロンボトルは大きなペットボトルで回収が必要になります。
また、リサイクルをしているところが多く衛生面がきになるという方もいるみたいですね。

 

PET製は柔らかい素材で水がなくなると折りたたんで小さくなります。
家庭用ゴミとして処理できるので空の容器の置き場所に困ることは無いです。
また、使い切りなので衛生的という声もありますよ。

 

 

水の容量

水の容量が結構大事なポイントなんです。
なぜなら大きな容器の交換は大変だからです。

 

多くのウォーターサーバーの水の容量は12リットル。
つまり12kgの容器を付け替えないといけないので女性やお年寄りから大変だという意見もあるみたいです。

 

フレシャスなら4.5リットル、7リットルタイプと交換が楽ちんです。

 

 

水の硬度

水の硬度もいろいろあります。
軟水と硬水がありますが、メーカーによって硬度がちょっと違います。
これは好みでいいと思いますが赤ちゃんがいるお宅なら硬水はやめておきましょう

 

 

まとめ

なるべく安く 美味しいお水を飲みたい 赤ちゃんがいる

コスモウォーター

ボトルが足元なので、交換がラクラクです。

 

初期費用、サーバー代が無料です。

 

→コスモウォーターの詳細

ウォーターサーバー

美味しい天然水をなるべくお得に飲みたいならフレシャスがおすすめ。

 

バナジウム天然水なので美容と健康にも。

 

ボトルの交換も簡単だしデザインもおしゃれですよ。

 

→フレシャスの詳細

ウォーターサーバー

赤ちゃんがいるならアクアクララのベビアクアプランがおすすめ。

 

RO水だからキレイなお水で安心。

 

調乳も簡単でミルク家庭には重宝しますよ。

 

→ベビアクアプランの詳細

 

 

 

 


スポンサードリンク