スポンサードリンク

浄水器記事一覧

浄水器の仕組みとしては、まず活性炭の多孔質としての性質を用いて残留塩素のほかカルキ臭、カビ臭などを化学的に吸着除去し、ろ過膜(一般的には中空糸膜が使われる)によって大腸菌や一般細菌、サビなどを除去します。大腸菌などは本来、水道水には入っていてはならないもので、水道法でも定められています。しかし万一混...

浄水器の種類は、形状によって分類すると、「ビルトイン型浄水器」「元栓直結型」「蛇口直結型」「据え置き型」などがあります。ビルトイン型浄水器は、アンダーシンク型とも呼ばれます。キッチンのシンクの下の部分に浄水装置本体を設置しているタイプの浄水器です。浄水装置や配管などが外から見えず、シンクはすっきりし...

浄水器で人気の商品は、価格が2〜5千円程度の蛇口取付型の浄水器と、3〜7万円程度の据置き型浄水器に集まっているようです。いずれも手軽に設置できて、カートリッジ寿命は蛇口取付型が約3か月、据置き型が1〜2年となっています。人気の浄水器の秘密は、手軽に装着あるいは設置して使用できるか、ということがありま...

浄水器を使っている人は、何人いるのでしょうか。はっきりとした数字はあがっていないようですが、浄水器協会の調べによると、2008年の浄水器の出荷台数はおよそ400万台にのぼるとされていて、浄水器普及率としては全国平均で34%を超えるほど普及しているといわれています。浄水器がこれほど普及している背景には...

浄水器が水道水を浄化する機能としては、まず活性炭の多孔質としての性質を利用して、水道水の中の化学物質を吸着させて除去します。ここでいう化学物質とは、カルキ臭やカビ臭の元になる物質、残留塩素、その他有害な有機物質を指します。そして、そのあとろ過膜を通して大腸菌や一般細菌、その他有害な微生物などを除去し...

浄水器の価格は、浄水器の形状の種類によって異なります。手軽に設置できる「蛇口取り付け型」の場合、価格も2千〜1万円程度と比較的お手頃です。ただし浄水機能としてはあまり高いものを求めることはできないでしょう。またカートリッジの寿命が数か月程度と短いため、水をたくさん使う人にとっては、長いスパンでみれば...

水道水は、塩素が含まれています。これは、大腸菌や一般細菌などを水道法で定められた基準値以下の安全な水にするためです。しかし、浄水器を使って浄化した水は、この消毒のための塩素が除去されています。そのため、常温で放置しておくと、雑菌が繁殖しやすくなっているので注意が必要です。一般には、雑菌の繁殖しやすい...

一般に、「家じゅうまるごと浄水器」は、別名「セントラル浄水器」、「元栓取付型浄水器」などとも呼ばれています。自宅の水道管の、水道メーターの後ろ側(家側)の管に浄水器を設置して家に水を送る仕組みとなっています。浄水の方式は基本的に他の浄水器と同じで、フィルターによってろ過して塩素やトリハロメタンを除去...

浄水器の種類には、形状で分類すると、蛇口取付型、据置き型、アンダーシンク型、元栓直結型などがあります。それぞれ価格も用途も異なってきます。浄水器を選ぶ上で、注意しなければならないこととは、どのような点でしょうか。まず、どのような目的で浄水器を購入しようとしているのかを、整理する必要があります。カルキ...

浄水器の訪問販売では、悪徳商法が後を絶たないようです。事例を挙げると、まず保健所や水道局の職員を名乗って、浄水器を売ろうとするケースがあります。保健所や水道局が浄水器を売ることはありません。委託を受けている業者ということをを名乗る場合もありますが、いずれにしてもまず身分証明書を提示してもらうなどの対...