水道水の塩素消毒でアトピー性皮膚炎になる?

水道水は塩素消毒されているため、残留塩素という含まれており、これが体に様々な悪影響を与えてしまいます。

 

その代表的なものが、アトピー性皮膚炎というアレルギー症状です。

 

塩素が体内に蓄積されることによって、このアトピー性皮膚炎が引き起こされる可能性があるため、水道水の使用を避けている人も多いです。

 

 

では、アトピー性皮膚炎とはどのような病気なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

アトピー性皮膚炎は、顔や体にできる湿疹のことで、治ったと思っても、また湿疹が現れるやっかいな病気です。

 

主な症状は、肌の乾燥や強烈な痒みなどで、この時に肌を掻いてしまうことで出血してしまうことが多いです。

 

掻くのを我慢すれば良いのですが、我慢できないほどの痒みを伴うため、我慢することができません。

 

特に額や目、口、耳、首、手足といった部分に湿疹が出ることが多いです。

 

 

そして、アトピー性皮膚炎になってしまうと白内障、網膜はく離、ヘルペスウイルス感染症、伝染性膿痂疹といった病気を合併症を生んでしまう可能性もあります。

 

白内障とは、目がかすんだり、物がぼやけて見えたり、視界がまぶしく感じる病気のことです。

 

網膜はく離とは、物が見えにくくなったり、蚊のような物が見えたりする病気のことです。

 

ヘルペスウイルス感染症とは、赤みのある水泡ができる病気のことで、痛みや痒みを伴います。

 

伝染性膿痂疹とは、体にブツブツした赤いものができる病気のことで、その湿疹を触った手で他の部位を触るとどんどん伝染していきます。

 

 

アトピー性皮膚炎はこのような病気を招く危険があるので、水道水の使用には十分注意が必要です。

 

スポンサードリンク

水道水の塩素消毒でアトピー性皮膚炎になる?関連ページ

水道水には発がん性物質が入っているの?
水道水には発がん性物質が入っているの?
髪のパサつきは水道水の塩素消毒が原因だった?
髪のパサつきは水道水の塩素消毒が原因だった?
水道水と健康被害について
水道水に含まれる残留塩素やその他薬品が健康被害を起こすって本当なの?
水道水はシャワーやお風呂にも危険!?
水道水はシャワーやお風呂にも危険!?
発がん性物質トリハロメタンが水道水に?
発がん性物質トリハロメタンが水道水に含まれているって本当なの?