水道水には発がん性物質が入っているの?

水道水が危険だといわれていますが、実際にどうして危険なのかを知らない人も多いのではないでしょうか?
また、どうして危険なのかも知らずに疑問を持ちながら、何となく浄水器を使用していたり、ミネラルウォーターを購入している人はいませんか?
自信を持って使用するためにも水道水の危険性についてきちんと知っておいた方が良いと思います。

 

そして、そこから本当に自分にとって浄水器やミネラルウォーターが必要なのかも考えてみるのも良いでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

水道水が危険だといわれているのは、がんリスクを高めてしまう発がん性物質が含まれているからです。

 

水道水には、殺菌消毒を使用される塩素が含まれており、この塩素こそが発がん性物質です。

 

また、塩素が水に含まれているフミン質と反応することによって、トリハロメタンという物質が生成されます。

 

このトリハロメタンという物質も発がん性物質なので、水道水の中には塩素とトリハロメタンの2つの発がん性物質が含まれていると思ってください。

 

 

ただし、どちらもすぐにがんを発症させるようなことはないですし、これが原因で必ずがんになるということもありません。

 

そのため、水道水を毎日たくさん飲んでいるからといって、絶対にがんになるということはないのですが、がんリスクを高める働きがあるということは覚えておいた方が良いでしょう。

 

 

私たちの安全のために塩素を使用して、殺菌をしているのですが、それが原因でがんリスクを高めているというのが現実です。

 

しかし、塩素を使用しないと安全に水道水を使用することができないため、浄水器やウォーターサーバーを使うなど個人で何かしらの工夫をしないといけないというのが現状です。


スポンサードリンク

水道水には発がん性物質が入っているの?関連ページ

髪のパサつきは水道水の塩素消毒が原因だった?
髪のパサつきは水道水の塩素消毒が原因だった?
水道水の塩素消毒でアトピー性皮膚炎になる?
水道水の塩素消毒でアトピー性皮膚炎になる?
水道水と健康被害について
水道水に含まれる残留塩素やその他薬品が健康被害を起こすって本当なの?
水道水はシャワーやお風呂にも危険!?
水道水はシャワーやお風呂にも危険!?
発がん性物質トリハロメタンが水道水に?
発がん性物質トリハロメタンが水道水に含まれているって本当なの?