発がん性物質トリハロメタンが水道水に?

水道水を使用するのは危険だといわれていますが、どうして危険なのでしょうか?
水道水が危険だといわれている一番の理由は、トリハロメタンという発がん性物質が含まれているからです。

 

 

トリハロメタンとは、がんを誘発する怖い物質のことで、これが水道水の中に含まれています。

 

そのため、水道水に含まれているがんを引き起こす物質は、塩素とトリハロメタンの2つだと思ってください。

 

そして、トリハロメタンを吸収することで、がんだけではなく、疲労感やイライラといった精神症状を引き起こしたり、中枢機能低下や肝臓毒性といった身体症状を起こす場合もあります。

 

ただ、このトリハロメタンは塩素が水の中に含まれているフミン質と反応して生成されるため、やはり大元は塩素ががんを引き起こしていると考えて良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

しかし、水道水に含まれているトリハロメタンの量はそれほど多くないので、すぐにがんが発症するということは考えにくいです。

 

また、それが原因で絶対にがんが発症するということも断言できません。

 

だからといって、必ずしも安全だとはいえないので、水道水の中にはトリハロメタンという発がん性物質が少量ながら含まれているということを頭の中に入れておくことが大切です。

 

 

そして、水道水に含まれているトリハロメタンの量を減らしたい場合は、長めに沸騰させるのが有効だといわれています。

 

水道水を沸騰させることによって、トリハロメタンや塩素が蒸発するといわれているので、飲み水や料理に使用される際は一度沸騰させたものを使用するというのもひとつの方法です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

発がん性物質トリハロメタンが水道水に?関連ページ

水道水には発がん性物質が入っているの?
水道水には発がん性物質が入っているの?
髪のパサつきは水道水の塩素消毒が原因だった?
髪のパサつきは水道水の塩素消毒が原因だった?
水道水の塩素消毒でアトピー性皮膚炎になる?
水道水の塩素消毒でアトピー性皮膚炎になる?
水道水と健康被害について
水道水に含まれる残留塩素やその他薬品が健康被害を起こすって本当なの?
水道水はシャワーやお風呂にも危険!?
水道水はシャワーやお風呂にも危険!?