水道水の基本知識記事一覧

私たちは、普段何気なく水道水を使用していますが、どのくらい水道水のことを知っていますか?毎日使用する水道水だからこそ、どのようなものなのかを理解しておいた方が良いかもしれません。昔であれば、川の水をそのまま使用することもできたかもしれませんが、現在は健康を害するような有毒な成分が含まれていることが多...

水道水の安全を維持するために、日本では水道水の水質基準というものを設けています。水道水の水質基準項目は全50項目あり、この基準に達している水を私たちは使用しています。では、具体的に水道水の水質基準とは、どのようなものなのでしょうか?水道水の水質基準項目は、一般細菌、大腸菌、塩素酸、クロロホルム、残留...

水道水の水質基準にPHという記号が使用されていますが、どのようなものなのかご存知でしょうか?PHとは、酸性やアルカリ性の強さを表す際に使用される数値のことで、0〜14までの14段階あります。0に近づくほど酸性が強く、14に近づくほどアルカリ性が強いことになり、7が中性です。この数字が高くても駄目です...

水道水には、少なからず塩素などの有害物質が含まれているため、ペットに飲ませても大丈夫なのか?という疑問を持っている人もいると思います。愛するペットが水道水が原因で体調を崩してしまうのは、非常に辛いので、そのような心配をするのは当然かもしれません。しかし、水道水をペットに飲ませたからといって、寿命が短...

自宅で熱帯魚や金魚などを飼育されている方であればご存知だと思いますが、水道水を水槽に使用すると観賞魚が死んでしまいます。これは、水道水は人間が安全に使用できるように塩素消毒されているためで、その塩素が原因で観賞魚が死んでしまうのです。塩素は、法律で1リットルに大して最低0.1gを含めないといけないこ...

私たちが普段使用している水道水の中には、塩素が含まれているのをご存知でしょうか?これは、水道水を塩素を使って殺菌消毒しているためで、法律で塩素を入れないと駄目なことになっています。では、どうして水道水は塩素消毒をしないといけないのでしょうか?水道水を塩素消毒している理由は、私たちの健康を守るためだと...

水道水の中には、殺菌消毒に使用した塩素がそのまま残っているため、水道水が必ずしも安全とはいえません。ちなみにこの殺菌消毒に使用した塩素が水道水の中に残っている状態のことを残留塩素といいます。この残留塩素は、人間の体に悪影響を及ぼすため、年々水道水をそのまま使用する人が減少していますが、過剰に水道水に...

水道水には、残留塩素やトリハロメタンはもちろん、地域によってはアスベストが含まれている可能性があります。⇒水道水の安全性含まれている量は少ないので、それほど気にする必要は無いかもしれませんが、やはり健康のことを考えると気になってしまうはずです。そんな水道水を加湿器に使用しても、全く問題はないのでしょ...