ウォーターサーバーのメリットとデメリットは?

ウォーターサーバーを利用しようと検討する際には、メリットばかりでなくデメリットもあることですから、双方をしっかり勘案した上でご自宅に導入すべきか判断することになります。

 

ではウォーターサーバーにはどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

ウォーターサーバーのメリット

  • 子供がジュース類を飲まなくなった
  • 夏は冷たい水がすぐに飲める(浄水器だと冷たくない)
  • お湯も出るのでお茶やコーヒーをすぐに飲める
  • ペットボトルの水を買いに行く必要がなくなった
  • 天然水はやっぱり美味しい
  • 赤ちゃんのミルクや離乳食にも使えて安心

 

 

まずメリットに関してですが、やはり一番大きいのは綺麗でおいしく安全性が高い水を飲むことができるという点です。

 

もとより水道水の品質には様々な疑念があったことに加えて、最近では放射性物質のことも気にしなければなりませんので、サーバーの水は地下数百メートルからくみ上げたり逆浸透膜を使用するなど安全性が極めて高く、誰もが安心して飲むことができるといえます。

 

 

またこれまでミネラルウォーターを購入してきた方の場合、自宅まで重い水を運ぶ必要も無く、サーバー会社からガロンボトルが自宅まで送られてきますので、お買い物もかなり楽になってくるというメリットもあるのです。

 

 

ウォーターサーバーのデメリット

  • 電気代が月々1,000円程度かかる
  • ほとんどの会社が2本から配送
  • 定期便なので飲み切らないとたまってくる
  • 設置スペースに悩む
  • ついつい飲み過ぎてお金がかかる
  • スーパーで買ったほうが安い
  • 10Lのボトル交換が大変
  • 予備タンクの置き場所に困る

 

デメリットとしては、これまでの水道水より同じ量でも料金が高くなるという点が挙げられます。

 

費用としては市販のミネラルウォーターもしくはそれより少し高くなりますので、家計に少なからず影響を与えることになります。

 

またそれ以外にもガロンボトルがどのように送られるのかという点も少なからぬ問題があり、注文に応じて送付されるのか、ノルマがあり自動的に送られるのか、また2ヶ月以上休んだ場合には水を注文していなくても一定の費用を請求されることもありますので、どのようなウォーターサーバー会社を選択したかによりこうしたデメリットが生じる場合もあるのです。

 

 

まとめ

ウォーターサーバーを設置した友人やネットなどで調査してみると
「やっぱりあると便利!」という人が多いです。

 

特に夏場は冷たい水がすぐに飲めるというのは大きいですね。
小さな子供がいるとよく水を飲むのですぐにカラになってしまいますが・・・。

 

コスト面を考えると、あまりメリットはありません。
電気代も高くなりますし、水自体はドラッグストアやスーパーで購入したほうが安いですから。

 

ただ、スーパーで買うと持って帰ってくるのが大変ですよね。
あと、天然水はやっぱり美味しいですよ。

 

あとは、設置スペースが必要なこと。
また空のボトルやダンボールのゴミが出るのがちょっと面倒なところです。

 

 

理想をいうと、飲水用にウォーターサーバー、料理などには浄水器と使い分けられるといいです。
ま、理想ですけどね(^_^;)


スポンサードリンク